So-net無料ブログ作成
検索選択

ケイタケイ's ムービングアース・オリエントスフィアのLight Part32 『時空に堕ちる者達』を観る [舞台]

座・高円寺1で昨夜から今週末上演されているケイタケイ'S ムービングアース・オリエントスフィアのLight Part32 『時空に堕ちる者達』を観ました。ダンサーに昔からの友人(幼稚園時代からの友達!)や彼女を介して知り合った知人が居るのでこのカンパニーの公演は何回もていますが、相変わらずの不思議な世界でした。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

NY4日目続き:American Ballet Theatre@リンカーンセンターを観に行く [舞台]

Met.jpg


Chelsea画廊巡りの後はタクシーでアッパーウェストに上がったリンカーンセンターで、私が行った週からシーズンが始まったアメリカン・バレエ・シアターの『LeCorsaire』(海賊)と言う舞台のマチネを観に行きました。きっとほっとくとアートばっかり観て終わるだろうと思ったので舞台好きの友人に面白い舞台を推薦してもらった所、この演目のこの日のEthan Stiefelと言う踊り手が良いとの事、事前にThicketmasterでネット予約してお値段真ん中くらいの席を取ってみました。3階の最前列でしたが中々良く観えました。周りは平日のまっ昼間と言う事もありおじいさんおばあさんだらけ(笑)でもほぼ満席になっていました。お話は奴隷として売らている美女に恋した海賊の若い男が、奴隷商人や悪い金持ちの王様に邪魔されて紆余曲折ありつつ、海賊仲間の力を借りて彼女を奪回、その仲間とも色々駆け引きがありつつ最後はハッピーエンドみたいな粗筋でした。(多分)Ethan Stiefelは主人公の海賊のおつきの奴隷役でしたが、確かにかっこよかったです♪プリマドンナのJulie Kentと言うバレリーナもエレガントで素敵でした。とっても優雅な気分になれました。元々ダンスを観るのは好きなのですが、中々日本では観なくなってしまいましたがまた機会があったら観たいですね。旅行中にマチネで昼舞台観るのも骨休めになって良いな〜と思いました。昔は昼は予定パンパンで駆けずり廻って夜は舞台観ながら爆睡、、って事も良くありました。劇場内には昨年亡くなったパバロッティの豪奢な舞台衣装が飾られていたりしました。彼の名前に釣られてとあるメトロポリタン・オペラの演目を取ったら出演は5分くらいだった、、なんて事もありましたが(笑)

追記:アメリカン・バレエ・シアターABT2008来日公演が7月17〜25日に東京文化会館である様ですね。『LeCorsaire』も演目にあってJulie KentやEthan Stiefelも出演するそうです。
nice!(8)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

美輪明宏主演・演出・修辞(!)「双頭の鷲」をPARCO劇場で観る [舞台]

美輪明宏が主演・演出・修辞の舞台「双頭の鷲」を渋谷のパルコ劇場に、パラつく小雨の中観に行って来ました。しかしこう言う時に限って仕事が長引き(泣)劇場に着いたのは開演後既に30分経過。シーンと静まり返った客席、先に来ていた友人の隣に冷や汗もので滑り込むと、舞台では美輪さんがワダエミ制作の真っ白な豪奢なフリフリドレスをお召しになって、若い刺客らしき若者(木村彰吾)と一発即発的な場面のまっただ中。お話は「耽美派の王ルートヴィッヒが愛した唯一の女性オーストリア最後の王妃エリザベートの数奇なる実話を元にフランスの詩人ジャン・コクトーが書き下ろしたドラマ」との事。結局15分のインターミッションを2回挟んで、終演時間は10時10分前!舞台は正味3時間くらいの長さだったと言う事?いや〜濃かったです。最初の30分が観れなかった事も帳消しになるくらいグイグイお話に引き込まれました。個人的には美輪さん扮するエリザベートがお気に入りの、口がきけない従順な召使い役の総合格闘家の大山俊護がなかなか素敵♪王妃の読書係の貴族令嬢役の夏樹陽子や警視総監役の長谷川初範の悪役っぷりも中々。もう一人王妃を慕う公爵役の柄沢次郎を含めたった6人の舞台なのですが、最後迄凄いテンションでした。舞台美術や衣装も凝ってて豪華でした。

そんなにお芝居好きでは無い私ですが、美輪さんの舞台は芝居好きの友人に連れられて毎年観るのが恒例になって、これで5〜6年目でしょうか。耽美的で豪奢なんだけど、大衆芸能的な泥臭さがある所が好きです。やはり三島の書いた『黒蜥蜴』『卒塔婆小町』や『毛皮のマリー』辺りが好きですね〜。三島の書いたセリフって舞台に乗った時とてもエレガントでかっこ良いです。またやって欲しい!今回のお話もルートヴィッヒ好きとしてはエリザベートは嬉しい題材でしたが、結構恋愛もありつつ政治サスペンスっぽい感じもあり、コクトーってこんなの書いてたのね。

前は初日外せば券結構取れたものですが、昨年くらいからチケット争奪戦になりました。今回も全公演ほぼ完売らしいです。(当日券出てるみたいですが)やはりTVの影響かしらん。因みに私『オーラの泉』はあまりまじめに観ておりません。

会場のお花が凄かった、、。
http://www.parco-play.com/web/page/information/soto/


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。